優しさが残る温かな絵本

きょうはマラカスのひ

1,512円(税込)

あらすじ

銅版画家としても活躍されている樋勝朋巳さんが描いた絵本『クネクネさんのいちにち きょうはマラカスのひ』。扉に書かれているこの言葉から始まります。「マラカスを しっていますか? てに もって ふると おとがする たのしい がっきです。」


可愛らしいタイツを履いているクネクネさんが、お友達のパーマさんとフワフワさんを招いて、マラカスの発表会をする温かなストーリーです。


「チャチャ ウー チャチャ ウー」「カンカンカカーン」。リズミカルなマラカスの音色を想像して、思わずクネクネさんたちと一緒に踊りたくなってしまいます。


柔らかなタッチの絵とほのぼのとしたストーリーで、読み終えた後、温かな気持ちにさせてくれる一冊です。

      
      

見返しに描かれた、クネクネさんたちのタイツコレクションが何とも愛らしい。

      
      

4歳頃から大人まで、お楽しみいただける絵本です。

詳細

  • 商品名きょうはマラカスのひ
  • サイズ25.8 x 25.8 cm
    40 pages
  • 出版元福音館書店

著者

  • 樋勝朋巳
  • 1969年長野県生まれ。多摩美術大学卒業後、銅版画の制作をはじめる。以降、銅版画家として活躍。近年は油絵での発表も多い。1998年、ボローニャ国際絵本原画展入選。絵本の出版は今回が初めて。埼玉県在住。

優しさが残る温かな絵本

きょうはマラカスのひ

1,512円(税込)

◆ 最近チェックした商品 ◆